電験3種に頻出の項目

電験3種の一発合格は決して難しくありまえん

電験3種に合格するためには高額な教材などは必要ありません。勉強のコツさえしっかりと身につけてしまえば、独学でも短期間に合格ができるのです。

電験3種に合格するコツを知りたい方はこちら→ 電験3種の勉強方法

電験3種に今後重要な電子回路

電子部品を電気半導体によって接続して電流の通り道を確保して、目的の動作を行わせるのが電子回路と呼ばれるものです。

 

一般的な電気の事を「強電」と呼ぶのにたいして、電子回路のことを「弱電」と呼ぶことがあります。

 

この電子回路は、電子部品と配線の組み合わせによって様々な複雑な動作を可能にしています。

 

昔は個々の電子部品を電気伝導体のワイヤで接続していましたが、近年はプリント基板にフォトリソグラフィで配線を作って、ハンダによってそこに電子部品を固定する構造が一般的になっています。

 

この電子回路は大きく分類すると、アナログ回路とデジタル回路、アナログとデジタルの混合信号回路に分けられています。

 

混合信号回路には、アナログーデジタル変換回路とデジタルーアナログ変換回路が含まれています。

 

また、取り扱う周波数によって低周波回路と高周波回路と言う分類をする場合もあります。

 

ご存知のように、電気半導体とは色々な物質を混合して構築されたもので限定された条件の下でだけ電気を通す物質となります。

 

電験3種の試験においても、この電子回路に関連するものは出題が多くみられます。

 

トランジスタや半導体に関するもの、トランジスタの等価回路と増幅率、エミッタ接地増幅回路のバイアス方式、等が過去に出題されている問題になりますが、今後はこの分野からの出題が増えるとの予測がされています。

 

電験3種はあくまで強電の資格ですが、知識として弱電の事も知っておく必要があるとの判断なのかも知れません。