電験3種に頻出の項目

電験3種の一発合格は決して難しくありまえん

電験3種に合格するためには高額な教材などは必要ありません。勉強のコツさえしっかりと身につけてしまえば、独学でも短期間に合格ができるのです。

電験3種に合格するコツを知りたい方はこちら→ 電験3種の勉強方法

必ずマスターしたい直流と交流回路

第3種電気主任技術者試験、すなわち「電験3種」の試験で必ずと言ってよいほど出題されるのが直流と交流に関する問題になります。

 

簡単な定義としては小学生でも理解出来るほど単純な直流と交流の違いですが、試験にあたっては再度確認してから細かい項目の学習を進めるべきです。

 

この直流と交流の違いは様々な例えで表されていますが、水の流れで表すと直流では水をポンプで押していますが、交流ではピストンで押すとの考えると分かりやすいかも知れません。

 

つまり、直流の場合はポンプで押す為に水の流れ(電流)が一方向ですが、交流の場合はピストンで押すので時間経過に伴って水の流れ(電流)が入れ替わって双方向になると言う訳です。

 

この直流と交流の問題に関しては多くの公式や定義、法則が存在しているので、一つ一つ確実に学習していく事が重要と言えるでしょう。

 

ほとんどが計算問題となりますので、問題集を何度も繰り返して解法になれることが有効になってきます。

 

この計算問題攻略のポイントは公式のマスターと数学力の強化ですが、電験3種の受験の場合は出題傾向の高い問題に関係する、三角関数や弧度法、複素数、累乗、等を集中的に学習するのが効果的です。

 

計算問題の場合ケアレスミスが致命的となりますので、時間の許す限り見直しをするようにしましょう。