電験3種に頻出の項目

電験3種の一発合格は決して難しくありまえん

電験3種に合格するためには高額な教材などは必要ありません。勉強のコツさえしっかりと身につけてしまえば、独学でも短期間に合格ができるのです。

電験3種に合格するコツを知りたい方はこちら→ 電験3種の勉強方法

電験3種によく出題される静電界とは?

電気工作物の工事や維持、運用に関する保安管理を担う電気主任技術者の国家試験は例年高い難度の試験が実施されます。

 

この電験の登竜門である電験3種もかなりハイレベルなの専門的知識が必要とされています。

 

試験内容は、理論、電力、機械、法規から構成されていてどの科目も合格基準は6割程度とされています。

 

この中の理論科目で例年出題があるのが静電界に関するものです。

 

英語でElectric fieldと呼ばれる電場(でんば)や電界(でんかい)と言うのは、電荷に影響を及ぼす空間の性質の一つで、主にEの頭文字で表される事が多いです。

 

この電場の内で、時間によって変化しないものが静電場(せいでんば)または静電界(せいでんかい)と言われているものです。

 

電験において、この静電界に関する問題は事前の対策が不可欠と言われるほど重要視されています。

 

クーロンの法則、電位、電界の強さ、静電エネルギー、静電容量、電束密度等の各項目を確実に学習して例題を繰り返して基礎応用力を付ける事が有効な試験対策になります。

 

特に理論に関しては、この静電界に限らず計算問題が非常に多く、やはり合格の為には一定レベルの数学力が必要になります。

 

とはいえ、電験3種に必要な数学力は高校でならう初級レベルの数学力があれば大丈夫です。

 

文字式や方程式、平方根、分数、複素数、関数、三角関数、ベクトルなどが分かれば十分で、微分積分などは分からなくても大丈夫です。

 

あまり範囲を広げず、電験3種に関係する分野と範囲を絞って、効率的に学習をする事が重要と言えるでしょう。