電験3種に頻出の項目

電験3種の一発合格は決して難しくありまえん

電験3種に合格するためには高額な教材などは必要ありません。勉強のコツさえしっかりと身につけてしまえば、独学でも短期間に合格ができるのです。

電験3種に合格するコツを知りたい方はこちら→ 電験3種の勉強方法

電験3種の試験に頻出の重要項目記事一覧

電験3種の頻出項目をチェック〜静電界

電気工作物の工事や維持、運用に関する保安管理を担う電気主任技術者の国家試験は例年高い難度の試験が実施されます。この電験の登竜門である電験3種もかなりハイレベルなの専門的知識が必要とされています。試験内容は、理論、電力、機械、法規から構成されていてどの科目も合格基準は6割程度とされています。この中の理...

≫続きを読む

 

電験3種によく出る項目〜磁界

電気工作物の工事や維持、運用にあたる電気主任技術者の内で50000V未満の電気設備に限定される資格が「電験3種」と呼ばれる第3種電気主任技術者になります。この資格を得るには、定められた教育施設での専門科目を修了して一定の実務経験による認定取得と、国家試験を受験する試験取得の2種類が定められています。...

≫続きを読む

 

電験3種の必須知識〜直流と交流回路

第3種電気主任技術者試験、すなわち「電験3種」の試験で必ずと言ってよいほど出題されるのが直流と交流に関する問題になります。簡単な定義としては小学生でも理解出来るほど単純な直流と交流の違いですが、試験にあたっては再度確認してから細かい項目の学習を進めるべきです。この直流と交流の違いは様々な例えで表され...

≫続きを読む

 

電験3種に頻出の三相交流回路

電験3種の試験で直流と交流についで出題頻度が高いと言われているのが三相交流に関する問題です。この三相交流とは、120度ずつ位相の異なった3つの電源波形を持った交流回路の事になります。それぞれの位相のずれが同じである三相交流を対称三相交流と称しててますが、通常は単に三相交流と呼ばれる事が多いのです。単...

≫続きを読む

 

電験3種対策と電子回路の単元

電子部品を電気半導体によって接続して電流の通り道を確保して、目的の動作を行わせるのが電子回路と呼ばれるものです。一般的な電気の事を「強電」と呼ぶのにたいして、電子回路のことを「弱電」と呼ぶことがあります。この電子回路は、電子部品と配線の組み合わせによって様々な複雑な動作を可能にしています。昔は個々の...

≫続きを読む