電験3種と職場〜電気工事会社

電験3種の一発合格は決して難しくありまえん

電験3種に合格するためには高額な教材などは必要ありません。勉強のコツさえしっかりと身につけてしまえば、独学でも短期間に合格ができるのです。

電験3種に合格するコツを知りたい方はこちら→ 電験3種の勉強方法

電験3種と職場〜電気工事会社

第1種電気工事士〜電験3種へステップアップする人の多くは、電気工事の会社に勤務している方だと思います。

 

電気工事士のよりグレードの高い資格が電験3種だと勘違いしている人も多いようですが、実際には電気工事士と電験3種はまったく畑の違う資格です。

 

電気工事はあくまでも電気の工事におけるプロフェッショナルとしての資格で、電気工事を行うに当たっては必須の国家資格とうことになります。

 

一方電験3種は、正式名称である「第3種電気主任技術者」があらわしている通り、自家用電気設備の管理及び保守点検が主な仕事となります。

 

電気主任技術者が自家用電気設備を保守管理していく中で、電気工事の必要性が出てきた場合は、電気工事会社に依頼するのが一般的です。

 

それでは、なぜ第1種電気工事士からステップアップして電験3種を目指す人が多いのでしょうか?

 

やはり、そこには電験3種という資格のもつステイタス性があると思います。

 

電気工事の会社において、電気工事士を持っている人は当然ながらたくさんいます。

 

しかし、電気工事会社に在籍していて電験3種を持っているという人は非常に稀です。

 

そのために、電験3種を持っているというだけで、一目置かれる存在になれます。

 

また、電気工事会社でも、実際の業務には直接関係ないにもかかわらず、資格手当等で電験3種所有者を優遇したりする会社も少なくありません。

 

また、電験3種の受験には学歴などによる受験制限もありませんので、自分のスキルを客観的に認めてもらうためには資格を取得してしまうのが一番手っ取り早いと感じる人が多いのだと思います。

電験3種と職場〜電気工事会社での役割関連ページ

資格取得と求人について
合格後は独立して食べていけるのか?