電験3種の資格と求人

電験3種の一発合格は決して難しくありまえん

電験3種に合格するためには高額な教材などは必要ありません。勉強のコツさえしっかりと身につけてしまえば、独学でも短期間に合格ができるのです。

電験3種に合格するコツを知りたい方はこちら→ 電験3種の勉強方法

電験3種の資格と求人について

電験3種という資格は、文系の資格のように知名度は高くありません。

 

たとえば、道を歩いている人に「税理士という資格を知っていますか?」と聞いたら、おそらく8割以上の人はYESと答えるでしょう。

 

それに対して同様に「電験3種という資格を知っていますか?」という質問をしたとしたら、おそらく100人に1人くらいしかYESと答えないのではないでしょうか。

 

それほど、知名度的には低い電験3種という資格ですが、実際に有資格者の求人状況はどうなっているのでしょうか?

 

基本的に、電験3種の有資格者は慢性的に不足しています。

 

本来電気主任技術者を置かなければならない高圧受電の自家用電気設備を有する事業者の多くは、自社で電気主任技術者を確保できずに電気保安協会などに委託しています。

 

ちょっとした規模の店舗やビルなどになりますと、高圧受電となり電気主任技術者に電気設備の管理を義務付けられます。

 

そういった理由から、ビルメンテナンスの会社などは、電験3種の有資格者をつねに募集しています。

 

電験3種の求人の大きな特徴として、比較的高年齢の人でも採用してもらえる可能性があります。

 

60歳を過ぎた人でも、電験3種を持っているというだけで採用されるケースもあります。

 

サラリーマン時代に電験3種を取得して、自分の会社の電気主任技術者として活躍したあと、そのキャリアを生かして定年後にそういった電験3種の有資格者を優遇する職場に再就職するというケースが結構多いうようです。

 

電験3種の資格取得とその後の求人を考える関連ページ

電験3種と職場〜電気工事会社での役割
合格後は独立して食べていけるのか?