験3種の受験と計算問題の攻略

電験3種の一発合格は決して難しくありまえん

電験3種に合格するためには高額な教材などは必要ありません。勉強のコツさえしっかりと身につけてしまえば、独学でも短期間に合格ができるのです。

電験3種に合格するコツを知りたい方はこちら→ 電験3種の勉強方法

電験3種の受験と計算問題の攻略

電験3種に合格する最大のポイントが計算問題の攻略であることは疑う余地がありません。

 

試験問題の約半数は計算問題が占めていますし、多くの受験者が苦手としている理論に関しては8割が計算問題というのが実情です。

 

計算問題を克服しないことには、電験3種の合格はありえないと言い切ってもいいくらいです。

 

それでは、なぜ多くの人は計算問題が苦手なのでしょうか?

 

もちろん、公式がたくさんあってなかなか憶えられないといった記憶の定着に苦労するケースもあるでしょうが、計算問題が苦手な人の多くは数学力の不足が原因です。

 

公式をしっかりとマスターして、問題を見たときにどの公式を使うべきかが頭に浮かぶようになっているのに、計算問題が解けないということであれば、しばらくは数学の復習に専念した方が無難です。

 

実際に、公式に該当する数値を代入しても、そのあとの式の展開がうまくできなかったり、計算ミスをしてしまって不正解になるというケースが圧倒的に多いのです。

 

電験3種の問題集や参考書の計算問題の解説をよんで、なぜそういった式の展開になるのか理解できないのであれば、数学力不足は明確です。

 

数学の基礎知識が不足した状態で、いくら参考書や問題集をこなしても、理解が伴わずにたんなる棒暗記となってしまうために、絶対に力はつきません。

 

電験3種は過去問とまったく同じ問題が出ることはありませんので、棒暗記はまったくの無駄です。

 

なぜそういう風に解くのか、なぜそういった式の展開になるのか、といった部分を確実に理解してこそ本番の試験で問題を解けるだけの応用力が身に着くのです。

 

電験3種の計算問題攻略のポイントは、数学の基礎を徹底的にやることです。

 

一見遠回りのようで、それが一番の近道です。

 

電験3種に短期間で合格するための勉強法はこちら