電験3種の勉強を挫折させないために

電験3種の一発合格は決して難しくありまえん

電験3種に合格するためには高額な教材などは必要ありません。勉強のコツさえしっかりと身につけてしまえば、独学でも短期間に合格ができるのです。

電験3種に合格するコツを知りたい方はこちら→ 電験3種の勉強方法

電験3種の勉強を挫折させないために

電験3種の受験は長丁場になります。

 

一般的には、合格までに半年から1年程度の学習が必要になりますし、ある程度の電気の基礎知識がある人って、正しい勉強法を知っている人であっても4か月程度は勉強漬けの毎日を過ごさなければなりません。

 

しかも、その勉強を独学で続けようとなると、相当に精神的にタフな人でなければモチベーションを維持するのが非常に難しいと思います。

 

電験3種受験者の多くは、昼間仕事を抱えていると思います。

 

仕事で疲れて帰ってきて、そのあとに電験3種のテキストを開くという作業はかなりの苦痛を伴う作業だと思います。

 

仕事から帰ってきたら、まず何はともあれ晩酌が楽しみという人もいると思います。

 

しかし、晩酌をしてしまったら当然のことながら人間の思考能力は低下します。

 

低下した思考能力で勉強を続けて合格出来るほど電験3種は甘い資格ではありません。

 

電験3種合格者が職場で評価されるというのは、電気的知識そのものよりも、合格のために自己犠牲をいとわないその努力に対してです。

 

そういった努力の出来る人であれば、仕事も一生懸命やってくれるに違いない、といった評価ですね。

 

電験3種に合格するまで、モチベーションを切らさずに勉強を続けていくコツは、やはり合格後のイメージを明確にすることが大切だと思います。

 

自分が電験3種に合格して、上司や職場の同僚から一目置かれつつ仕事をバリバリこなしている自分の姿を明確にイメージし、それがきっと実現することを確信しながら勉強を続けるのがコツです。

 

そのイメージ作りがうまく行けばいくほど、勉強をせずにはいられなくなります。

 

歯磨きのように毎日勉強することが習慣になり、勉強をしない日はなぜか落ち着かない、といった心理状態になれるようであれば、きっと挫折せずに勉強を続けられることでしょう。