電験3種の勉強と過去問

電験3種の一発合格は決して難しくありまえん

電験3種に合格するためには高額な教材などは必要ありません。勉強のコツさえしっかりと身につけてしまえば、独学でも短期間に合格ができるのです。

電験3種に合格するコツを知りたい方はこちら→ 電験3種の勉強方法

電験3種の勉強と過去問

電験3種を受験するにあたっては、過去問の研究は欠かせません。

 

やはり、過去問というのは実際に過去に出題された問題であり、試験のレベルや出題傾向を知るためには欠かせないものです。

 

よく過去問集を試験直前の力試し的にしか使っていない人がいますが、これは実にもったいないことです。

 

考えてみれば分かることですが、試験直前になって実際の試験のレベルや出題傾向を知ったところで、時すでに遅しということになります。

 

過去問集はうまく使えば、下手な参考書やテキストよりもはるかに役に立ちます。

 

電験3種の試験には、過去問と全く同じ問題こそ出題されませんが、過去問の類似問題は頻繁に出題されます。

 

ですから、過去問を徹底的にやり込んで、それだけで電験3種に合格してしまったという人も実際に何人もいます。

 

参考書やテキストには、実際に試験に出ないことまで事細かに書かれています。

 

電験3種は6割正解出来れば合格出来る試験ですので、参考書やテキストを完璧にして満点を目指す勉強をしても全く意味がないということになります。

 

余談ですが、電験3種の問題で満点近く取れる実力があれば、電験3種ではなく電験2種に間違いなく合格出来ます。

 

ですから、テキストを完璧にこなして高得点を狙う勉強は無駄ですし、多くの場合勉強そのものを挫折してしまうことでしょう。

 

ある程度電気の基礎知識のある方でしたら、まずは過去問を徹底的にやり込んでみてください。

 

過去問10年分を完璧にマスターすれば電験3種には十分合格するだけの力がつくと思います。

 

まずは、1冊の過去問集を完璧にして見てください。