電験3種のテキストが理解できない理由

電験3種の一発合格は決して難しくありまえん

電験3種に合格するためには高額な教材などは必要ありません。勉強のコツさえしっかりと身につけてしまえば、独学でも短期間に合格ができるのです。

電験3種に合格するコツを知りたい方はこちら→ 電験3種の勉強方法

電験3種のテキストが理解できない理由

電験3種のテキストを見てもさっぱり理解できない、と嘆く人が結構います。

 

せっかく電験3種の勉強を始めようと思って参考書や問題集を買い込んだのに、読んでもさっぱりできないとなるとショックは大きいと思います。

 

「自分は頭が悪いんじゃないだろうか」

 

と自己嫌悪に陥ったりする人もいるかも知れません。

 

しかし、安心してください。

 

電験3種のテキストを理解できないのは、決してあなたの頭が悪いわけではありません。

 

理由は単純です。

 

多くの場合は、基礎知識が不足しているのです。

 

それは、電気の基礎知識であったり、数学の基礎知識であったりします。

 

電験3種のテキストの多くは「電気のいろは」から解説はしてくれません。

 

ある程度の数学力と、ある程度の電気的な基礎知識があることを前提に書かれています。

 

そういった基礎知識が不足していると、参考書を読んでもまさにチンプンカンプンとなってしまうことでしょう。

 

極端な話をすれば、小学校で習う分数の計算や少数の計算が分からない人が、大学入試用の数学の参考書を読んでもさっぱり理解できないはずです。

 

それは、電験3種の勉強においてもまったく同じです。

 

電験3種のテキストを読んで理解できないという人は、まずテキストを読んで理解するだけの基礎力を付けないといけないということになります。

 

三角関数やベクトルなどの高校で習う数学の基礎知識や、第1種電気工事士の筆記試験に合格できるレベルの電気の基礎知識は最低ないと、電験3種の勉強に取り掛かることは無謀だということになります。

 

一見遠回りに感じますが、まずはしっかりと基礎知識を身に着けることが電験3種合格への最短距離となります。