電験3種の科目別攻略法〜理論編

電験3種の一発合格は決して難しくありまえん

電験3種に合格するためには高額な教材などは必要ありません。勉強のコツさえしっかりと身につけてしまえば、独学でも短期間に合格ができるのです。

電験3種に合格するコツを知りたい方はこちら→ 電験3種の勉強方法

電験3種の科目別攻略法〜理論編

電験3種に挑戦する人の多くは、理論という科目を苦手にしている人が多いようです。

 

どうして理論が苦手科目の人が多いのでしょうか?

 

おそらく、計算問題の比率が高いために、単純に難しいというイメージを持ってしまっているのかも知れません。

 

電験3種の理論科目は計算問題が8割程度出題されますので、計算問題に苦手意識があると、そのまま理論科目が苦手になってしまいます。

 

計算問題に苦手意識を持っている人の多くは、数学に苦手意識を持っています。

 

しかし、電験3種に合格するために必要な数学の知識はそれほど高度なものではありません。

 

高校で習う基礎レベルの数学力があれば十分です。

 

しかも、高校で習うすべての単元をマスターしている必要はなく、電験3種に必要な最低限の単元をマスターしていれば大丈夫です。

 

「方程式と不等式」「関数とグラフ」「三角関数」「ベクトル」といった単元が理解できれば問題ありません。

 

多くの人が苦手意識を持っている微分積分の知識は必要ありません。

 

しかし、そうは言っても、電験3種受験者の多くは仕事をしながら合格を目指していますし、高校基礎レベルとはいえ、すっかりと忘れてしまっている人も多いと思います。

 

そんな場合は、無理をせずに理解できるところまで戻って復習をすることです。

 

人によっては小学校の算数レベルまで戻って復習しなければならないかも知れませんが、プライドを捨ててしっかりと基礎から学びなおしましょう。

 

数学は積み重ねの学問ですから、小学校で習う基礎的な計算が分からなければ中学校で習う文字式や因数分解は理解できないはずですし、中学校でならう知識が欠けていれば、高校で習う関数やベクトルは理解できません。

 

電験3種の理論科目を攻略するためには、まず数学を基礎からしっかりと復習することが第一です。

 

数学の力が付けば、理論科目の力が大きく伸びることは間違いありません。