電験3種合格のメリット

電験3種の一発合格は決して難しくありまえん

電験3種に合格するためには高額な教材などは必要ありません。勉強のコツさえしっかりと身につけてしまえば、独学でも短期間に合格ができるのです。

電験3種に合格するコツを知りたい方はこちら→ 電験3種の勉強方法

電験3種合格のメリット

電験3種の合格を目指して日夜勉強に励んでいる人も多いことでしょう。

 

合格率10%前後の難関資格ゆえ、合格までの道のりは決して楽なものではありません。

 

人によっては、10年以上も電験3種の受験を続けている人もいます。

 

いったい何ぜそこまでして電験3種の資格を得たいのでしょうか?

 

電験3種に合格するメリットは何でしょうか?

 

電験3種に合格することで得られる最大のメリットはそのステイタス性でしょう。

 

電験3種は電気の資格の最高峰とまで言われます。

 

実際には電験2種や電験1種という超難関資格もあるのですが、そこまでいくとほとんど資格マニアの世界になってしまうので、一般的には電験3種は電気の資格の最高峰と呼ばれているわけです。

 

電気関係の職場で、大学の電気科を卒業しています、といっても誰もびっくりしてくれませんが、電験3種を持っています、というとかなりびっくりしてもらえます。

 

それほど、電験3種取得のインパクトは強いということになります。

 

もう一つ電験3種合格のメリットを挙げるとすれば、それは就職に圧倒的に有利であるということです。

 

電気に携わる会社であれば、間違いなく電験3種の有資格者は優遇されます。

 

電験3種を必要とする会社だけではなく、電気工事会社などでも大歓迎されます。

 

電気工事会社ですと、本来であれば電気工事の資格があれば業務上は全く問題ないのですが、やなり電験3種は電気工事の上位資格という認識があるために、直接工事に関係ない資格であっても優遇されるわけです。

 

また、ビル管理などの仕事ですと、電験3種の資格があれば、かなり高齢の方でも採用してくれるケースが多いようです。

 

そういった、様々なメリットがあるために、電験3種取得のために多くの人が日夜努力をしているということになります。