電験3種のお役立ち情報

電験3種の一発合格は決して難しくありまえん

電験3種に合格するためには高額な教材などは必要ありません。勉強のコツさえしっかりと身につけてしまえば、独学でも短期間に合格ができるのです。

電験3種に合格するコツを知りたい方はこちら→ 電験3種の勉強方法

電験3種を目指す人のためのお役立ち情報記事一覧

電験3種の合格率について

これから電験3種を受験する人にとって、一番気になるのは合格率ではないかと思います。電験3種は難関試験だと一般的に言われておりますが、電験3種の試験はどの程度の合格率になっているのでしょうか?ここ数年電験3種の合格率は5%〜10%前後で推移しています。特に近年難化の傾向があります。5%〜10%というこ...

≫続きを読む

 

電験3種に合格するとどんなメリットがある?

電験3種の合格を目指して日夜勉強に励んでいる人も多いことでしょう。合格率10%前後の難関資格ゆえ、合格までの道のりは決して楽なものではありません。人によっては、10年以上も電験3種の受験を続けている人もいます。いったい何ぜそこまでして電験3種の資格を得たいのでしょうか?電験3種に合格するメリットは何...

≫続きを読む

 

電験3種に出題されるオームの法則

電気の勉強をしたことのある人ならば、オームの法則を知らない人はいないでしょう。「電圧=電流×抵抗」という電気の基礎の基礎であり、なおかつ重要な法則です。電気工事の計算問題ではこのオームの法則に関する出題が頻繁に出題されます。その一方で、電気の基礎的な知識であるがゆえに、まさか電験3種の試験問題にオー...

≫続きを読む

 

電験3種と電験2種の難易度にはどのくらいの差がある?

電験3種でもかなり難易度が高く、なかなか合格出来ないという人が多い中、ここではあえて電験2種の難易度について考えてみたいと思います。電験は、電験3種、電験2種、電験1種と徐々に試験の難易度が高くなっていきます。一番合格しやすい電験3種でさえ合格率10%程度前後となっており、最難関の電験1種となると合...

≫続きを読む

 

電験3種の科目別合格をうまく活用しよう

現在電験3種は科目別の合格が認められています。4科目のうち、どれか一科目でも合格点に達していればその科目は合格となり、翌年と翌々年はその科目に関しての試験が免除になります。つまり、3年間かけて4科目に合格すればいいということになります。かつて電験3種が6科目制だった時代は、一発合格しかありませんでし...

≫続きを読む

 

電気主任技術者試験の合格率からみる難易度

事業用電気工作物の工事や維持、運用に関する保安業務を担う技術責任者である電気主任技術者は常に需要の高い国家資格と言えます。この「電験」と呼ばれる資格を取得するには、認定校において必要な単位を取得して卒業した後に、定められた実務経験によって資格を得られる認定取得と、一般的な国家試験を受験して得られる試...

≫続きを読む

 

電験3種と認定取得について知ろう

国家資格である電気主任技術者ですが、資格取得には一般的な国家試験を受験して資格を得る方法と、定められた単位を大学等で学んで卒業後に所定の実務経験を積んで資格を得る認定取得の方法があります。まずは、3種類に区分されている電気主任技術者の中で、最初の入口である「電験3種(第3種電気主任技術者)」について...

≫続きを読む