電験3種の試験対策で一番大切なこと

電験3種の受験対策で気をつけなければいけないポイント

電験3種の合格を目指すにあたって、注意しておかなければならないことがあります。

 

それは、過去問を丸暗記する勉強では通用しない、ということです。

 

それほど難易度の高くない資格試験ですと、過去問数年分を丸暗記しただけで合格してしまうケースあるようですが、電験3種はそれほど甘い資格ではありません。

 

電験3種の試験において、過去問とまったく同じ問題が出題されることはありません。

 

では、電験3種の受験において、過去問をやってもまったく無意味なのかというとそうではありません。

 

出題の傾向を知るうえで過去問は非常に重要ですし、実際に過去問をうまく使って電験3種に合格した方は大勢います。

 

ただし、過去問を使って丸暗記をしたのではありません。

 

過去問の問題と答えを徹底的に分析し、なぜその解答が正解なのかを検証することによって応用力を付けるのです。

 

電験3種は、過去問とまったく同じもんだが出題されることはありませんが、類似問題は頻繁に出題されます。

 

過去問を使って類似問題を解けるだけの応用力をつけたからこそ、電験3種に合格出来るだけの力が付いたのです。

 

つまり、電験3種に合格するためには丸暗記する学習ではなく、理解する学習が大切であるということになります。

 

ここの部分がしっかり出来ていないために、何年チャレンジしても電験3種に合格出来ないといった事態になってしまうわけです。

 

なかなか電験3種に合格出来なくて困っている人は、まず丸暗記する学習を脱却してください。

 

電験3種に問題集を使って短期間で合格するコツは以下を参照ください。

 

たった1冊の問題集を使って電験3種に合格する勉強法