電験3種受験と1日当たりの勉強時間

電験3種の一発合格は決して難しくありまえん

電験3種に合格するためには高額な教材などは必要ありません。勉強のコツさえしっかりと身につけてしまえば、独学でも短期間に合格ができるのです。

電験3種に合格するコツを知りたい方はこちら→ 電験3種の勉強方法

電験3種に合格するには1日どのくらい勉強すればいいのか?

電験3種に合格するためには、1日当たりどのくらいの時間勉強をしたらいいのでしょうか?

 

もちろん、現在おかれている立場や状況によって変わってきますが、電験3種の受験者として一般的であろうと思われる、昼間仕事についている社会人を例に解説してみたいと思います。

 

電気と数学の基礎知識があるという前提で考えると、1日あたり1時間から2時間の勉強を半年程度続ければ電験3種には十分合格出来ると考えます。

 

ただし、この時間の目安は正しい勉強法で学習計画を立てた場合という条件が付きます。

 

間違ったやり方で毎日何時間勉強を続けても、電験3種には合格出来ません。

 

電験3種の勉強には、短時間で効率よくやるやり方があります。

 

一番いけないのが、週に1日だけとか、週に2日だけとか長い時間勉強をするパターンです。

 

たとえば、週1日だけ10時間勉強するパターンと毎日1時間勉強するパターンで比較すると、トータルの勉強時間は前者の方が多いのに、知識の定着に関しては圧倒的に後者の方が有利です。

 

有利というよりも、後者のやり方でやらないと電験3種に合格することは不可能といってもいいかも知れません。

 

どうしてそういうことが言えるのでしょうか?

 

それは、人間は一度憶えたことを1週間も憶えたままでいられないからです。

 

エビングハウスという学者のデータによれば、人間は一度憶えたことでも、1週間後には77%忘れてしまうそうです。

 

つまり、せっかく10時間も勉強して憶えたことも、1週間後には23%しか記憶に残っていないということになります。

 

電験3種に合格するコツは、毎日少しずつの時間でいいので、コツコツと勉強を続けることです。

 

電験3種に短期間で効率よく合格するための勉強法は以下を参照ください。

 

独学で効率よく電験3種に合格する勉強法