電験3種合格のための勉強計画

電験3種の一発合格は決して難しくありまえん

電験3種に合格するためには高額な教材などは必要ありません。勉強のコツさえしっかりと身につけてしまえば、独学でも短期間に合格ができるのです。

電験3種に合格するコツを知りたい方はこちら→ 電験3種の勉強方法

電験3種に合格するための勉強計画とは?

たとえば、今が3月のはじめとします。

 

その場合9月上旬の電験3種の受験まで約半年あります。

 

その場合、あなたはどういった電験3種の勉強計画を立てるでしょうか?

 

おそらく90%の人は次のような間違った計画を立てると思います。

 

3月頭から4月中旬まで理論をやって、4月中旬から5月末まで電力をやる。

 

そして、5月末から7月中旬まで応用をやり7月中旬から8月いっぱいまで法規をやる。

 

そして、9月の頭から試験前日までは過去問を使って力試しをする。

 

しかし、このような勉強計画で電験3種に挑んでもまず合格出来ません。

 

なぜなら、人間は忘れる生き物だからです。

 

よほどの天才でもない限り、3月頭から4月中旬にかけてやった理論の内容を9月初旬の試験当日までは憶えていないと思います。

 

仮に4月中旬の時点で完璧マスターしたとしても、数か月後には8割以上は忘れているはずです。

 

電験3種に合格するためには6割以上の正答率を求められますので、2割の知識で試験に挑んでも勝ち目はありません。

 

それでは、どのように電験3種の勉強を計画すればいいのでしょう?

 

答えは簡単です。

 

繰り返し繰り返し復習をすればいいのです。

 

皿回しの芸を思い浮かべてください。

 

皿の勢いが落ちて、皿が落下しそうになったら皿を回してあげなければなりません。

 

4月中旬に理論をマスターしたらその後理論の勉強を一切やらないのでは、当然わすれてしまいますので、4月中旬以降電力を勉強しつつ理論の復習も並行してやるわけです。

 

そのようにして、新しい知識を身に着けるのと同時にこまめに復習を織り交ぜていく学習が電験3種合格のためには必須となります。

 

電験3種に合格するために効果的な勉強の計画を立て方は以下を参照してください。

 

独学で効率よく電験3種に合格する方法