電験3種の勉強と通信講座

電験3種の一発合格は決して難しくありまえん

電験3種に合格するためには高額な教材などは必要ありません。勉強のコツさえしっかりと身につけてしまえば、独学でも短期間に合格ができるのです。

電験3種に合格するコツを知りたい方はこちら→ 電験3種の勉強方法

電験3種の通信講座を利用する前に

電験3種の合格を目指す人の多くは、現在仕事を持っていて独学で合格を目指しているのではないかと思います。

 

しかし、自分で参考書を見つけて来て独学で勉強するとなると、卓越した勉強のノウハウと強靭な精神力がないとなかなかうまく行かないと思います。

 

ただ単に参考書を眺めているだけで合格出来るほど電験3種は甘い資格ではありませんし、仕事を終えて疲れて帰ってきてからの勉強となると、試験まで孤独な勉強を数か月間やり遂げるための強い精神力が必須になります。

 

そんな独学の欠点をカバーしてくれるのが通信講座であると一般的に言われています。

 

確かに、独学だと挫折しやすい部分を添削課題の提出期限を決めるなどのルールによりカバーしてくれます。

 

尻を叩かれないとなかなかやらないというのが、人間の本性ですので、課題提出という目標があれば継続しやすくなります。

 

しかし、通信講座だけを利用して電験3種に合格出来る人はそう多くはありません。

 

やはり、提出期限があっても、一度提出期限を守らなかったらその後はずるずると挫折の道をたどりますし、スケジュールの組み方も決して効果的ではない通信講座がほとんどです。

 

テキストの1巻をこなす→課題を提出する→テキストの2巻をこなす→課題を提出する→テキストの3巻をこなす→課題を提出する

 

こんな感じの流れで進められる通信講座が非常時に多いです。

 

いわゆる、学校の授業と定期テストに似てますね。

 

しかし、学校の授業と定期テストだけで受験に太刀打ちできないというのは常識です。

 

なぜなら、人間とうのは一度覚えたことをいつまでも維持できないからです。

 

そのために、受験勉強と称して何度も何度も繰り返して知識を頭に叩き込むわけです。

 

電験3種の通信講座には、ここの受験勉強的な部分が欠けている講座がほとんどです。

 

一度完全にマスターして課題を提出した単元でも、数か月後には忘れてしまいます。

 

電験3種に合格するには、実際の受験日までずっと知識を維持できなければなりません。

 

そのために必須になるのが反復なのですが、多くの電験3種の通信講座は底の部分が欠けています。