電験3種の受験に必要な電気的基礎知識

電験3種の一発合格は決して難しくありまえん

電験3種に合格するためには高額な教材などは必要ありません。勉強のコツさえしっかりと身につけてしまえば、独学でも短期間に合格ができるのです。

電験3種に合格するコツを知りたい方はこちら→ 電験3種の勉強方法

電験3種の受験のために必要な電気的基礎知識とは?

就職難の現在において、比較的求人の多い電験3種は非常に魅力的な資格です。

 

電験3種を持っていれば、それだけで優遇してくれる会社はたくさんあります。

 

4年生大学の進学率が50%を超えている今、下手な学歴よりも電験3種の資格を持っている方がはるかにインパクトがあります。

 

そういった事情もあり、これまで電気とは全く畑違いだった人が電験3種にチャレンジするケースも増えているようです。

 

そういった方々がよく勘違いするのが、いきなり電験3種のテキストを購入して勉強を始めてしまうことです。

 

電験3種のテキストは、ある程度電気の基礎知識や高校生レベルの数学力があることを前提に作られています。

 

そういった基礎知識のない人がいきなり電験3種のテキストをみても、さっぱり理解できないと思います。

 

その結果「電験3種は難しい」という結論になって、受験を断念してしまいます。

 

しかし、よく考えてみてください。

 

英語をまったく勉強したことのない小学生が、大学入試用の英語の参考書を読んでもまったく理解できないでしょう。

 

基礎的な知識のない人が、いきなり背伸びをした勉強をしようとしても無理があります。

 

その辺の誤解が、電験3種は難しいという誤解につながっているのだと思います。

 

ある程度の電気的な基礎知識と数学力のある人であれば、電験3種に合格することはそれほど難しいことではありませんし、電気の基礎から正しい勉強法でコツコツと勉強を続けた人は、かなりの高確率で合格しています。

 

電験3種を受験するにあたっては、まずは第1種電気工事士レベルの電気の基礎と数学の基礎をしっかりとやってみてください。

 

そのうえで、電験3種のテキストに取り組むようにすれば、決して電験3種は難しい試験ではないと気が付くはずです。

 

一見遠回りな気がしますが、基礎をしっかりとやることが実は一番の合格への近道となります。