電験3種に合格するための記憶法

電験3種に合格するための記憶法とは?

電験3種の試験問題は計算問題が約半分なので、記憶力よりも計算力の方が重要だと思われる方がいるかも知れません。

 

しかし、電験3種に合格するためには、6割以上の正答率が必要であり、仮に計算問題が満点であったとしても合格は出来ません。

 

また、計算問題であってもしっかりと公式をマスターしないことには解けませんので、やはり電験3種に合格するためには、記憶力が大きなカギとなります

 

しかし、記憶力が大切といっても、かつてのようにねじり鉢巻きでひたすら書きまくったり、呪文のように何度も同じことを繰り返して憶えるなどという拷問のようなやり方では、電験3種の膨大な範囲の知識を身に着けることは至難の業でしょう。

 

学生時代に、英単語を何度もノートに書いて憶えようとしても、なかなか記憶に残らず嫌になった経験は誰でもあるのではないでしょうか。

 

仮にそういったやり方で必死に憶えたとしても、残念ながら数日後にはすっかり忘れていたりします。

 

学校の定期テスト前に一夜漬けて必死に憶えたことも、テストが終わった途端にあっという間に忘れてしまったという経験をほとんどの人がしていると思います。

 

それほど、人間の記憶力というものは怪しいものなのです。

 

やはり、記憶を定着させるためには、やみくもに根性で憶えても効率が悪いだけで身になりません。

 

正しい記憶法を使って、効率よく記憶の定着をはからなければなりません。

 

エビングハウスの忘却曲線をもとに、効率よく記憶の定着をはかりながら電験3種に短期間で合格するための勉強法は以下を参照してください。

 

科学的に記憶を定着させて電験3種に短期間で合格する勉強法